ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

箱根に人が移り住んだ始まりを語る箱根神社に伝わる物語

関東

箱根に人が移り住んだ始まりを語る箱根神社に伝わる物語

箱根神社に伝わる伝説、シラナイ国とハラナイ国からやって来た姉妹と父親、二人の王子の物語

シラナイ国とハラナイ国からやって来た姉妹と二人の王子、そして父親の古社箱根神社に伝わる物語。
箱根と伊豆をひらいて多くの人々に崇められた権限さまのお話です。

箱根神社に伝わる伝説

いつの時代でしょう。
シラナイ国という国にサダイエ中将という人がいました。
中将には先妻との間にリュウサイ御前という美しい娘がいました。
中将は新しい妻を迎えることになり、娘を乳母に預けて内密にすることにしたのです。

新しい妻にもリョウシュ御前という娘がいて、この娘を連れて後妻になりました。
新しい妻は娘をシラナイ国の女王にしようと思っていたのですが、中将が旅に出ているときに、リュウサイ御前のことを知ってしまいました。

新しい妻はリュウサイ御前に、
「今まで寂しい思いをさせたが、これからは仲良く暮らしましょう」

と言って、リュウサイ御前を安心させ、近づきました。

新しい妻は姫を安心させておいて、召使に命じ、姫を海原遠い沖の岩山島に捨てさせたのです。

満潮になると波は打ち寄せ、鮫も群がってきて、姫は恐ろしくて一心に手を合わせ、亡くなった母から教えられた観音経を唱えました。

そうするとそこに黄金の舟が浮かんで、優しい観音様が姫を救いにやって来ました。
姫は無事に家に戻ることができました。

でも新しい妻は姫を殺そうとしたのです。

それを助けたのは母親とは違い優しい心を持ったリョウシュ御前でした。

新しい母は怒り、土牢を掘り、千の剣を周りに立てて、その中に姫を閉じ込めてしまいました。

妹のリョウシュ御前はあとを追い、自分も土牢に入りました。

二人が土牢の中でじっとしていると、ハラナイ国の王子が二人やって来て、姫たちを見つけました。

王子たちは二人の姫を救い、ハラナイ国に渡って幸福に暮らしました。

二人の姫を失った父親の中将は悲しみ、僧となってハラナイ国に渡り、修行をして立派になったときに娘たちと再会することができました。

しかし父は尊い仏の道を広めるために日本という国に行くことにしたのです。

王子たちも賛成をして5人は日本に来て、父と妹夫婦が箱根三所権限となり、姉夫婦は伊豆三所権限となりました。

意地悪な母は大蛇になり、深山に隠れました。


この話は箱根を拓した万巻上人によるもので、箱根神社の権限絵巻に描かれているとのことです。
(参考資料・南関東民話と伝説)

箱根神社 Hakone Shrine [4K60p]

箱根神社アクセスなど

拝観は自由
無休となっています。
拝観時間は午前9:00~午後4:00


小田原駅からバスの場合1時間ほどで着きます。

駐車場のご案内

駐車場には恵まれていると思います。
無料で停めることができます。

この話知っているよ~!とか、こんな話もあるよ~!とか、教えていただけると嬉しいです。 下のお問い合わせフォームからお願いします(^^)/

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

タグ

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ