江戸時代にタイムスリップ!?茅葺民家が並ぶ【大内宿】

東北

江戸時代にタイムスリップ!?茅葺民家が並ぶ【大内宿】
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

東京より行ってみたい観光地!?

福島県下郷町大内宿(おおうちじゅく)は江戸時代 寛永20年(1643年)に

会津西街道の宿場として開かれました。

瓦葺き屋根の民家が街道沿いに立ち並び、現在も受け継がれています。

昭和56年(1981年)に 重要伝統的建造物群保存地区 に選定されました。
1985年に約2万人だった年間観光客が2007年には100万人を突破!

特に外国人観光客に人気があるようで、こんなことを言っていた人も!

東京みたいな大都市を回るより、貴重な体験ができる!!

美しい古い村は、江戸時代に戻ったような気分になります。

江戸時代は、

「こんな感じだったのかな」

と思えるのではないでしょうか。


茅葺き民家は、民宿や土産物屋、蕎麦屋などが並んでいて、特に蕎麦屋は高遠蕎麦として名が知られているそうです。

ちょっとびっくり!

箸の代わりにネギで蕎麦を食べる風習があるそうです!

会津西街道

会津西街道(あいづにしかいどう)は、江戸時代に会津藩主・保科正之によって整備された、会津の若松城下から下野の今市に至る街道。会津からは下野街道(しもつけかいどう)とも、日光街道とも、江戸街道とも、南山通りとも呼ばれた。

出典 http://ja.wikipedia.org

大内峠と大内宿の間にある一里塚

Wikipediaより

大内宿を中心に約10㎞が昔のままの状態を近い状態で保っていて、古道、三郡堺の塚、茶屋跡、一里塚、馬頭観世音碑などの関連遺跡が下野街道として国の史跡に指定されています。

左画像 氷玉峠付近の石畳  右画像 大内宿の茶屋

土産物屋も良い雰囲気!

こちらも良い雰囲気です!

大内宿 マルチコプター(ドローン)空撮請負人akira9020

※特別な許可を得ての撮影です。

1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。