乗鞍高原【ねじねじの木】と乗鞍岳登山の心得【OK!】

中部

乗鞍高原【ねじねじの木】と乗鞍岳登山の心得【OK!】

ねじねじの木

長野県の乗鞍高原(のりくらこうげん) あざみ池からハイキングで50分ほどで上の画像 ↑ の「ねじねじの木」に到着します。

あざみ池は美しい水面に白樺が映り、ゆったりと自然を満喫できる池です。

自然を楽しみながら歩いて50分、「ねじねじの木」まで来たら「OK!」??

オッケーのサインのイラストに見えませんか!?(^^)/

そう思うのは私だけ?(笑)

この木にはパワーをもらうことができます。
だって2回も折れているそうですから!
2回折れても上に向かって成長をするって「ド、根性!」ですよね。

このねじねじの木は五葉松だそうです。

残念ながら触ってパワーをもらうことはできないのですが、近づくことはできるので、近くの空気を吸い込んでみては?(笑)

あざみ池

名山乗鞍岳に登山する場合

登山する時もお洒落をしたい。でも・・・

女性は登山をする場合でもちょっと格好は気にしたいと思ってしまいます。

でも何があるか分からないのでちゃんとした装備は必要です。

靴は滑りにくい安全性の高い物。(トレッキングシューズが良いと思います)
履きやすい靴でないと疲れてしまうのでこれも重要です。
靴下は厚手の物で、秋になると温度差が増すのでタイツを履いた方が良いです。

パンツは伸縮性のあるもの。
動きやすいもの、これは常識ですね!

インナーは汗を吸収するもの。アウターは暑くても絶対に必要です。
温度差、気候の変化もあるので対応できるものが良いと思います。

帽子も必要ですが、つばの小さいものの方が絶対に良いと思いますよ。
と言うのも、つばが木の枝に引っかかってしまったり、つばをぶつけただけでも頭がが~んとするのです。

連絡手段としての携帯電話や無線機(予備の電池も)持っていた方が良いのと、もしものときのために、簡易テントや非常食も用意して置いた方が良いと思います。




ハイキングとか散歩だけでも、山の中は服装には気をつけた方が良いです。

そんなの当たり前でしょう~と思う方もいるとは思いますが、ちょっと散歩ではミニスカートで歩いている人を見かけたりするのです。

喜ぶのは男性と”虫”です(笑)


ツキノワグマの生息地

乗鞍岳はツキノワグマが生息しています。

クマが畳平駐車場付近で目撃をされた場合は、登山道や歩道を閉鎖する場合があるとのこと。

登山やハイキングに行かれる場合は、情報の確認と準備に注意が必要です。


”〈連絡先〉乗鞍総合案内所090-8671-3191

◎クマが施設に侵入するなど、危険な状態になった場合は、駐車場係員等の指示に従ってください。”HPより

クマよけスプレーなどを販売しているサイト情報
↓ ↓ ↓

OutdoorStyle サンデーマウンテン


ツキノワグマはヒグマとは違い、人間を襲って食べることは比較的少ないそうですが、出合頭に驚いた場合は襲ってくることもあるそうです。

クマは背中を見せて逃げるものを追いかける習性があるそうなので、後ずさりが良いということです。

※標高3026mなのでしっかりと体調を整えてから登りましょう。

【DJI phantom4 4K 空撮】秋の乗鞍高原・信州北アルプス 絶景 JAPAN drone

1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法