伊豆のジオ(大地)【城ケ崎海岸ポットホール】市指定天然記念物

中部

伊豆のジオ(大地)【城ケ崎海岸ポットホール】市指定天然記念物

ポットホール!?

伊豆半島ってむか~しは海の底にあったのです。
それを知ってからは伊豆半島の所々でその痕跡を観ることが楽しみになりました。
伊豆半島の伊東市のエリアでは、城ケ崎海岸、富戸港、一碧湖、大室山などがあります。

大室山は約4000年前の噴火でできたスコリア丘で、国指定天然記念物です。
毎日のように見ていますが、四季折々違った景観を作り出しています。
ふもとのさくらの里は、桜以外にも最近ではラベンダーが見事に咲いていて、周囲が紫に揺れるのです。

大室山の噴火によって流れ出た溶岩が作り出した富戸海岸や城ケ崎海岸は、入り込んでいておもしろい形になっています。

今回は伊東市の城ケ崎海岸にある「ポットホール」を紹介します。

前に書いた「城ケ崎海岸」の記事です。↓↓

城ケ崎海岸美景スポット いがいが根

いがいが根には駐車場があり、無料で停めることができます。
駐車場から歩いて5分ぐらいで、いがいが根に着きます。
いがいが根からハイキングコースを歩いて、ポットホールのある「かんのん浜」に向かいます。

懐メロカラオケ 「城ケ崎ブルース」 原曲 ♪黒沢明とロスプリモス

城ケ崎海岸といえば♪城ケ崎ブルース(^o^)丿

いがいが根

かんのん浜

ここにも何回も来ていますが、ポットホールを見たのは1回だけです。
城ケ崎海岸にはいくつかのポットホールがあるようですが、ここのが一番大きいそうです。
歩きやすい恰好をしていかないと危険です。
1回転びました(>_<)

ジャンジャンジャーーン、ジャンジャンジャーーン⤵

「来ないで~!」

『は、はやまるんじゃない!!』

(前にもコレ書きましたっけ?(>_<))


サスペンスドラマのように海に落ちてしまったら大変です!
歩きやすい格好で行ってくださいね。

かんのん浜のポットホール

ポットホールというのは、岩石が川の水流によって、動き回って穴をあけてしまう状態のことを言うそうです。
ここのポットホールは岩盤の亀裂部分にあった岩石が、波により丸い石のようになっていったようです。

甌穴(おうけつ)(ポットホール)とは

甌穴(おうけつ)とは河底や河岸の岩石面上にできる円形の穴。ポットホール[1](pot hole)、またはかめ穴(かめあな)ともいう。

出典 http://ja.wikipedia.org

このポットホールは直径が1.2mもあり、その中に岩石が球体となって残っているのです。直径が70センチと大きなもので、珍しいそうですよ。
伊東市指定天然記念物です。

出典 http://izugeopark.org

伊東市 かんのん浜ポットホール

いがいが根の駐車場からいがいが根までは歩いて5分ぐらいです。
いがいが根からポットホールのあるかんのん浜まで行きます。

案内人さんと一緒がおススメ ↓

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!