旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

渡良瀬遊水地(谷中湖)と【谷中村】111年の歴史

関東

渡良瀬遊水地(谷中湖)と【谷中村】111年の歴史
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

足尾銅山鉱毒事件と谷中村廃村

上の画像、渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)は妖しい霧に包まれ幻想的な雰囲気を醸し出していますが、ここは大きな社会問題が過去にあった所でした。

渡良瀬遊水地は、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に渡良瀬川下流に作られた遊水池です。2012年(平成24年)7月3日、ラムサール条約に登録されました。

もう100年以上も前のことですが、足尾銅山の鉱毒被害を受け谷中村が強制合併され廃村になったのです。
当時、谷中村は370戸、2500人ぐらいの人が暮らす村だったそうです。
足尾銅山から排出された鉱素のために大量の魚介類などが死滅し、谷中村被害民たちは近隣の村々や北海道の荒涼地までに移転することになってしまいました。

廃村後に村に残った田中正造と16戸の村民は、仮小屋で悲惨な生活をしながら抵抗を続けたという歴史がありました。

下の動画「廃村から100年」では詳しく当時の様子が語られていますので、是非、見てください。

足尾鉱毒事件

足尾鉱毒事件(あしおこうどくじけん)または足尾銅山鉱毒事件(あしおどうざんこうどくじけん)は、19世紀後半の明治時代初期から栃木県と群馬県の渡良瀬川周辺で起きた日本で初めてとなる足尾銅山での公害事件。
銅山の開発により排煙、鉱毒ガス、鉱毒水などの有害物質が周辺環境に著しい影響をもたらし、1890年代より栃木の政治家であった田中正造が中心となり国に問題提起するものの、加害者決定されず。
加害者責任を決定させたのは、板橋明治を筆頭代理人とした971名、群馬県太田市の毛里田地区の被害農民達(太田市毛里田地区鉱毒根絶期成同盟会)が、1972年(昭和47年)3月31日、古河鉱業㈱(現:古河機械金属㈱)を相手とし、総理府中央公害審査委員会(後の総理府公害等調整委員会)に提訴。2年後の1974年(昭和49年)5月11日、調停を成立させた。100年公害と言われたこの事件の加害者を遂に古河鉱業と断定、加害責任を認めさせるという歴史的な日となった。

出典 http://ja.wikipedia.org

ラムサール条約とは

ラムサール条約(ラムサールじょうやく、英:Ramsar Convention)は、湿地の保存に関する国際条約。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され[1]、1975年12月21日に発効した。1980年以降、定期的に締約国会議が開催されている。
正式題名は特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約(英:Convention on Wetlands of International Importance Especially as Waterfowl Habitat)。

出典 http://ja.wikipedia.org

延命院墓地跡

延命院は谷中村の人々を葬ったと言われていて、延命院跡には今でも墓石が残っています。
合同慰霊碑に合祀されることを拒んだ被害民のものらしいということです。

谷中村

足尾銅山 #坑道 #廃墟 #鉱山 #足尾鉱毒事件 #歴史 #japan #栃木県

足尾銅山 #坑道 #廃墟 #鉱山 #足尾鉱毒事件 #歴史 #japan #栃木県

渡良瀬遊水地、谷中村跡地サイクリング訪問ナウ

足尾駅~足尾銅山 akira9020

廃村から100年 (2017年廃村から111年となります)

少し長いですが、村の存続をめぐって闘い続けた田中正造や当時の歴史を是非見てください。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・

タグ

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録