ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

「海賊とよばれた男」のモデル【出光佐三】が崇拝した【宗像大社】

九州・沖縄

「海賊とよばれた男」のモデル【出光佐三】が崇拝した【宗像大社】
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

出光佐三は故郷である福岡県宗像市に在る宗像大社を厚く信仰していました。

出光佐三

百田尚樹の同名ベストセラー小説 「海賊とよばれた男」は映画化されて、TVでもCMが流れています。
モデルとなったと言われている出光興産創業者 出光佐三は素晴らしい経営哲学を持った方です!
今更だとは思うのですが、今の時代だからこそ出光佐三みたいな方がこの日本に必要なのではないでしょうか。
いかなる苦境でも社員を正真正銘の家族として考える“大家族主義”。 経営者がこのような方だったら着いていきたいと思ってしまいます。

宗像大社

宗像大社は、福岡県宗像市にある神社。式内社で、旧社格は官幣大社。日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、および宗像三女神を祀る神社の総本社である。また、道の神としての総合神、貴の称号を伊勢神宮、出雲大社に並び持ち、道主貴と称す。

出典 http://ja.wikipedia.org

出光佐三の名言

私の育った町は特殊な土地柄で、宗像神社という有名な神社があった。
私はその御神徳を受けたと考えている。私はいま神社の復興をやっているが、神というものをいまの人はバカにしている。
私どもにはバカにできない事実がたくさんある。
私の会社は災害を一度も被っていない。
理屈はいろいろつくかもしれないが、社員は御加護と信じているのだからしょうがない。
また信じないわけにはいかないだろう。

「海賊とよばれた男」のモデル 日章丸事件の主人公 出光佐三

明治から戦後にかけての大変厳しい時代の実業家であった佐三が1945年8月15日敗戦後、がっくりと肩を落とし2日後に発した言葉。
愚痴をやめよ、歴史を見直せ、今から建設にかかれ。

「社員誰一人首を切らないと決めました」

少し長いですが是非観てください。

宗像市ふるさと納税


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう