秋田のパワースポット!【大湯環状列石】ストーンサークルにワクワク!

東北

秋田のパワースポット!【大湯環状列石】ストーンサークルにワクワク!

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)

縄文時代後期の大型配石遺跡。国の特別史跡に指定されています。

秋田県鹿角市大湯にあり、石をサークル状に並べてあるパワースポット!
こういう所好きなのです♪

縄文時代後期の人達が石を運んで、何らかの目的を持って並べているのだから、その様子を思い描くとおもしろい。

「日時計」と思われるものがあったり、墓地のようなもの、墓地に附属した葬送儀礼を行うような場所があったり、思い石を運んで造ったその思いを想像すると、ワクワクして来ます。

遺跡は1931年(昭和6年)に発見され、約130メートルの距離をおいて東西に対峙する野中堂と万座の環状列石で構成されている。この遺跡を全国的に有名にしたのは、太平洋戦争終戦直後の1946年(昭和21年)の発掘を、『科学朝日』が紹介したことである。そして、1951年(昭和26年)と1952年(昭和27年)には、文化財保護委員会と秋田県教育委員会が主体となって、本格的な学術調査が実施されている。
この遺跡は、山岳丘陵の末端にのびる舌状台地の先端部に造られており、河原石を菱形や円形に並べた組石の集合体が外帯と内帯の二重の同心円状(環状)に配置されている配石遺構である。その外輪と内輪の中間帯には、一本の立石を中心に細長い石を放射状に並べ、その外側を川原石で三重四重に囲んでいる。その形から「日時計」といわれており、万座と野中の両方の遺跡にある。
大きい方の万座遺跡の環状直径は46メートルもあり現在発見されている中で日本で最大のストーンサークルである。組石は大きいほうの万座では48基、野中堂のほうは44基ある。中央の立石は大湯の東方約7 - 8キロメートルにある安久谷(あくや)川から運んだと推定されており、労働力の集中が見られる。
遺跡の使用目的に関しては諸説あるが、近くには構造が似ている一本木後ロ遺跡があり、これは墓であることが調査によって明らかになっており、またそれぞれの配石遺構の下から副葬品をともなう土坑が検出されたため大規模な共同墓地と考えられている[1]。さらに1948年(昭和23年)から始まった万座の周辺調査から掘立柱建物跡群が巡らされていたことが明らかになり、これらは墓地に附属した葬送儀礼に関する施設ではないかと推測されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

マルチコプター空撮請負人 秋田県ストーンサークル akira9020

大湯環状列石(ストーンサークル)

展示ホールに展示されている物も見ることができます。

世界で最も有名な遺跡も見てみよう♪

イギリスのパワースポット環状列石 ストーンヘンジ

日本人も訪れるというイギリスの環状列石 ストーンヘンジは人気のパワースポット!

世界で最も有名な遺跡です。

イギリス ストーンヘンジ

円陣状に並んだ直立巨石とそれを囲む土塁からなり、世界で最も有名な先史時代の遺跡である。考古学者はこの直立巨石が紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えている。そして、それを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで遡るという。
馬蹄形に配置された高さ7mほどの巨大な門の形の組石(トリリトン)5組を中心に、直径約100mの円形に高さ4-5mの30個の立石(メンヒル)が配置されている。夏至の日に、ヒール・ストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩と、中心にある祭壇石を結ぶ直線上に太陽が昇ることから、設計者には天文学の高い知識があったのではないかと考えられている。また、当時としては高度な技術が使われており、倒れないよう安定させるため石と石の間には凹凸がある。

出典 http://ja.wikipedia.org

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう